お知らせ

[▲新着順に並べ替え] |←NEW   ←前ページへ  [1/8]  次ページ→    OLD→|

【論文要旨締め切り延長】2020年度春季研究発表大会のお知らせ

「論文要旨の登録〆切を,2月24日(月)24:00迄に延長しました.」

2020 年度の国際P2M 学会春季研究発表大会を、下記の要領にて開催いたします。大会テーマは、「DXを加速するP2M」です。 つきましては、会員の皆様の研究発表を募集いたします。発表ご希望の会員は申し込み要領をご参照の上、期限までにお申込みください。また本大会は、午後に予定しています基調講演・パネルディスカッションのみの一般参加も受け付けております。奮ってご参加ください。

■大会テーマ
「デジタル・トランスフォーメーション(DX)を加速するP2M」

■開催日時・場所
・開催日 :2020 年4 月25 日(土)
・開催場所 :千葉工業大学 津田沼キャンパス 7 号館4 階
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
・受付開始時刻・場所 :9:30、7 号館4 階
・懇親会 :千葉工業大学 津田沼キャンパス 1 号館20 階
・最寄駅 :JR 総武線/津田沼駅 《南口》徒歩1 分
京成線/京成津田沼駅下車《北口》徒歩10 分
新京成線/新津田沼駅下車 徒歩3 分
・アクセスマップ :http://www.it-chiba.ac.jp/institute/access/tsudanuma/
・キャンパスマップ :https://www.it-chiba.ac.jp/institute/campus/tsudanuma/

■開催団体に関する情報
・主催 :一般社団法人 国際P2M 学会(※)
・会長 :国際P2M 学会会長 山本秀男
・実行委員長 :千葉工業大学社会システム科学部 教授 関 研一
・実行副委員長:千葉工業大学社会システム科学部 教授 小笠原 秀人
 ※一般社団法人 国際P2M 学会
  国際P2M 学会事務局
  〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター(平日:10 時~17 時)
  TEL: 03-6824-9371/FAX:03-5227-8631

■詳細のご案内はこちら
http://www.iap2m.org/pdf/IAP2M_2020_spring_CFP_Ver1.1.pdf

■参加申し込みはこちら
http://www.iap2m.org/regist_taikai.html

■お問合せ先
国際P2M 学会事務局 http://www.iap2m.org/regist_p2moffice.html

No: 233 - Date: 2019/12/20(Fri) 13:29:53

第29回 国際P2M学会 研究発表大会(開催校:千葉工業大学)開催について

会員及び投稿者 各位

                       一般社団法人 国際P2M学会
                       代表理事・会長 山本 秀男
  
平素は当学会の活動にご参加いただき、厚く御礼を申し上げます。
さて、最近の新型コロナウィルスの感染拡大状況を踏まえ、4月25日開催予定の第29回国際P2M学会春季研究発表大会開催について、理事・評議員会で協議致しました。その結果、今後の状況を見極めたうえで予定通り大会を開催するか、あるいは中止するか、3月24日に決定することになりました。
決定結果につきましては、学会ホームページ及び会員宛メールにて速やかにお知らせ致します。
現時点での決定事項、および今後の手続きは、以下の通りです。

<決定事項>
1.第29回研究発表大会(開催校:千葉工業大学)開催の有無を3月24日に決定致します。

2.大会開催の有無にかかわらず、予稿論文は3月23日24時まで受け付け、予稿集電子版を発行致します。

3.大会開催が決定された場合でも、懇親会は開催されない可能性があります。懇親会費は振り込まないでください。懇親会が開催される場合は、大会当日受付で、懇親会費を現金でお支払いください。

<今後の手続き>
1.予稿集への掲載を希望される論文投稿者は、必ず4月8日までに(大会開催の有無にかかわらず)、大会参加費をお振り込みください。4月8日までに振り込みを確認できない論文は掲載いたしません。大会開催中止が決定された場合でも、大会参加費は返金致しません。予稿集掲載料とお考えください。予稿集掲載論文のうち、査読を希望される論文は、査読プロセスに進むことができます。
尚、論文筆頭者は会員のみです。まだ、非会員の方は、4月8日までに入会手続きと入会金及び年会費の振り込みを完了してください。

2.予稿集に論文を掲載せず、大会参加のみを予定されている方は、3月24日の開催決定を確認してから、4月8日までの間に参加費をお振り込みください。

3.大会開催中止が決定された場合、大会参加のみの予定で大会参加費をお振り込み済みの方へは、事務局より返金手続きを電子メールでご連絡致します。

以上
---------------------------------------------
 (年会費、入退会、会員情報のお問い合わせ先)
一般社団法人国際P2M学会事務局
  E-mail: http://www.iap2m.org/regist_p2moffice.html

 (大会・予稿集等、上記以外のお問い合わせ先)
一般社団法人 国際P2M学会予稿集編集長
         濱田佑希
  E-mail: hamayuki1917@gmail.com
---------------------------------------------

http://www.iap2m.org/pdf/2020_spring_news0227.pdf

No: 235 - Date: 2020/02/27(Thu) 12:30:25

第7回 R&Dプロジェクトマネジメント・シンポジウム開催案内 Ver.1.1 ※申し込みフォーム修正版

 「R&D PM研究会」では,R&D(研究開発)によるイノベーション創出に役立つプログラム・プロジェクトマネジメントの知識体系構築 を目指して活動を進めています.7回目となる今年度のシンポジウム・テーマは,「イノベーションを創出するR&Dプロジェクトマネジメント」です.
 企業のイノベーションによる価値連鎖において潜在的利益額の約8割は「コンセプト創造」の段階で決まると言われています.それにもかかわらず,その体系的方法論は,未だに十分確立されているとは言えません.本研究会は,このような問題意識の下で2012年に発足し,様々な活動を展開して参りました.今年度は,本研究会の原点に立ち返り,これまでの活動成果を概観すると共に,新たなステージに向けた目標と課題を議論する場にしたいと思います.研究開発者やIT系技術者,プロジェクト&プログラムマネジャーのみならず,学界,官公庁,企画,マーケティング,生産,調達,品質保証,知財・法務等,幅広い分野の皆様のご来場を,心よりお待ち申し上げます。

【開催要領】※詳細はこちら→ http://bit.ly/2QAyBGp
・日時 :2020年2月14日(金)13:00~17:00 (受付:12:30~)
・場所 :千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス(ソラマチ8階)
     東武スカイツリーライン,東京メトロ半蔵門線,都営浅草線,京成押上線:押上(スカイツリー前)駅下車 徒歩1分
   http://www.it-chiba.ac.jp/institute/access/skytree.html
・主催 :R&D PM研究会 (千葉工業大学)
・協賛 :国際P2M学会, PMI日本支部,日本生産管理学会 関東支部,日本プロジェクトマネジメント協会,
   IEEE Technology and Engineering Management Society Japan Chapter, JOAホールディングス
・テーマ:「イノベーションを創出するR&Dプロジェクトマネジメント」
・参加費:無料(当日,資料代 1,000円をお支払い下さい.領収書を発行致します.)
・定員 :100名(定員に達し次第,締め切らせて頂きます.)

【意見交換会】
・日時:2020年2月14日(金)17:15~19:00 
・場所:東京スカイツリータウン イーストタワー12階「プロント」
   http://loco.yahoo.co.jp/place/g-DDqUX4pZSyM/map/
・参加費:3千円(当日現金で)

【参加申込み方法】
・次のURLのフォームからお申し込み下さい.→ http://bit.ly/35Eg8NB
(注.意見交換会に参加申し込み後,都合が悪くなって欠席される方は,遅くとも2月10日(月)までに本フォームを修正願います.2月11日以降は,原則としてキャンセル料をお支払い頂きますのでご注意下さい.)

【プログラム】
注)本開催案内の講演者,講演名や時間割等は,都合により変更される場合がございます.予めご了承下さい.
13:00 - 13:20 はじめに 「R&D PMの歩みと今後」 千葉工業大学 教授 久保 裕史 氏
13:20 - 14:10 招待講演1「企業に於けるイノベーションの創出」
              日本ゼオン特別経営技監 荒川公平 氏
14:10 - 15:00 招待講演2「オープンイノベーション 〜企業と大学のギャップ〜」
              東京農工大学大学院 特任教授 林田英樹 氏
15:00 - 15:20 休憩時間
15:20 - 15:50 研究成果報告「P2Mを用いた水耕栽培ビジネス・エコシステム戦略」
               (株)アグリア 社長 大社一樹 氏
15:50 - 16:50 パネルディスカッション
        「イノベーションを創出できるR&Dプロジェクトマネジメントとは」
  モデレータ: 久保裕史氏(千葉工大)
  パネリスト: 荒川公平氏(日本ゼオン),林田秀樹氏(東京農工大),
        下田篤氏(千葉工大),清田守氏(リコー,筑波大),大社一樹氏(アグリア)
16:50 - 17:00 閉会挨拶 千葉工業大学 教授 下田篤 氏
17:15 - 19:00 意見交換会(参加費:3千円/東京スカイツリータウン イーストタワー12階「プロント」)

【問合せ先】 千葉工業大学 プロジェクトマジメント学科 久保裕史 
       (メールアドレス:hiroshi.kubo@kubo-labo.com, 電話:080-4345-7521)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.iap2m.org/pdf/R&D-7thSymposium2020_01.pdf   (ポスター形式)
http://www.iap2m.org/pdf/R&D-7thSymposium2020_text_01.pdf  (文書形式)


No: 234 - Date: 2020/01/08(Wed) 13:04:31

2月6日開催 国際P2M学会 ビギナーズ・セミナーのご案内

P2M(Project & Program Management)及び 研究論⽂執筆の初学者を対象としたセミナーを、下記の通り開催致します。4 ⽉25 ⽇(⼟)千葉⼯業⼤学 津⽥沼キャンパスで開催予定の本学会春季研究発表⼤会での発表・投稿を検討されている皆様には絶好の機会と存じます。学会発表未経験の⽅も歓迎いたしますので、是⾮この機会にご参加下さい。

           ― 記 ―

1. ⽇時 ︓ 2020 年2 ⽉6 ⽇(⽊) 18:30-21:00(受付開始︓18:00-)

2. 会場 ︓ 千葉⼯業⼤学 津⽥沼キャンパス 1 号館9 階共有実習室
      〒275-0016 千葉県習志野市津⽥沼2-17-1
 ・最寄駅 :JR 総武線/津田沼駅 《南口》徒歩1 分
      京成線/京成津田沼駅下車《北口》徒歩10 分
      新京成線/新津田沼駅下車 徒歩3 分
 ・アクセスマップ :http://www.it-chiba.ac.jp/institute/access/tsudanuma/
 ・キャンパスマップ :https://www.it-chiba.ac.jp/institute/campus/tsudanuma/

3.受講料 ︓ 3,000 円(※当⽇会場にてお⽀払い下さい。領収書を発⾏します。)

4.内容︓
 18:30-18:35 ご挨拶・ご案内   千葉⼯業⼤学 久保 裕史
 18:35-19:20 論⽂の書き⽅  講師︓千葉⼯業⼤学 ⽥隈 広紀
 19:20-20:05 P2M の基礎知識 講師︓中央⼤学 ⼭本 秀男
 20:05-20:50 P2M の適⽤事例 講師︓東京農⼯⼤学 ⻲⼭ 秀雄
 20:50-21:00 全体質疑

5.申込⽅法︓ Web フォーム( https://goo.gl/nWMraE )よりお申込下さい。
  締切︓2 ⽉4 ⽇(⽕)正午

6.問合せ先︓ 千葉⼯業⼤学 ⽥隈 広紀( takuma.hironori@it-chiba.ac.jp

http://www.iap2m.org/pdf/IAP2M_3rd_Buginnes_Seminar(20200206)_Guide_CIT_Ver1.1_20191218.pdf

No: 232 - Date: 2019/12/19(Thu) 13:03:13

【9/23更新】開催案内の改定と大会プログラムを掲載致しました。-10月6日(日)「第28回国際P2M学会秋季研究発表大会開催」のご案内

【9/23更新】開催案内の改定と大会プログラムを掲載致しました。

2019年度の国際P2M学会秋季研究発表大会を、下記の要領にて開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

・開催年月日 :2019年10月6日(日)
・開催場所 :慶應義塾大学 三田キャンパス 東館
・懇親会 :懇親会 :慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎4F「ザ・カフェテリア」


詳細は下記をご覧ください。【9/23更新】
http://www.iap2m.org/pdf/2019autumn_20190923.pdf

大会プログラム【9/23公開】
http://www.iap2m.org/pdf/2019auprogram.pdf

No: 231 - Date: 2019/08/07(Wed) 09:26:48

【7月24日】P2Mマガジン第7号がリリースされました。

P2Mマガジン第7号が7月24日リリースされました。

下記のURLよりご覧ください。
http://www.iap2m.org/p2m_magazineinfor7.html

P2Mマガジンの閲覧はフリー(パスワードなし)でどなたでもご覧になれます。
よろしくお願いいたします。

P2Mマガジン 副編集長 佐藤達男

No: 230 - Date: 2019/07/24(Wed) 23:00:33

【申込締切を7/4正午に延長しました】2019年7月5日(金)開催「第2回P2Mビギナーズ・セミナー」のご案内

P2M(Project & Program Management)及び 研究論文執筆の初学者を対象とし
たセミナーを7 月5 日(金)に開催致します。10 月6 日(日)慶應義塾大学三田キャンパ
スで開催予定の本学会秋季研究発表大会での発表・投稿を検討されている皆様には絶
好の機会と存じます。学会発表未経験の方も歓迎いたしますので、是非この機会にご
参加下さい。

詳細は下記をご覧ください。
http://www.iap2m.org/pdf/20190705beginners_seminar2.pdf

No: 228 - Date: 2019/06/04(Tue) 21:42:46

山本新会長 会長挨拶を掲載しました。

国際P2M学会 山本秀男新会長の会長挨拶を掲載しました。

http://www.iap2m.org/p2m_president_2.html

No: 227 - Date: 2019/05/22(Wed) 01:54:30

【終了】5月18日(土)第27回国際P2M学会発表大会開催のご案内

論文要旨の登録は3月25日に締め切りました。

2019年度の国際P2M学会春季研究発表大会を早稲田大学 早稲田キャンパス(東京都新宿区)において2019年5月18日(土)に開催いたします。
大会テーマは、「P2Mによる社会問題解決(地域から国家,アジア,グローバルへ)」です。
つきましては、会員の皆様の研究発表を募集いたします。
発表ご希望の会員は、申し込み要領をご参照の上、期限までにお申込みください。
また本大会は、午後に予定しています講演のみの一般参加も受け付けております。奮ってご参加ください。

※開催団体に関する情報
主催 一般社団法人 国際P2M学会
共催 早稲田大学 環境総合研究センター
会長     国際P2M学会会長 小原重信
実行委員長  早稲田大学 理工学術院 上級研究員 岡田久典
実行副委員長 早稲田大学 理工学術院 准教授/主任研究員 永井祐二

案内はこちら↓
http://www.iap2m.org/2019spring2.html

お申込みはこちらから↓
http://www.iap2m.org/regist_taikai.html

No: 225 - Date: 2019/03/18(Mon) 22:26:48

2019年3月8日(金)開催「P2Mビギナーズ・セミナー」のご案内

P2M及び研究論文執筆の初学者を対象としたセミナーを、下記の通り開催致します。
特に当学会の研究発表大会へのご投稿を検討されている皆様にとって絶好の機会と存じます。
是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

主催:一般社団法人 国際P2M学会  
共催:早稲田大学 環境総合研究センター


1.日時: 2019年3月8日(金) 18:30-20:45

2.会場: 早稲田大学 大隈記念タワー 11F 1102教室
(早稲田大学26号館:大隈講堂横対面の高層ビル)
案内図:https://waseda.app.box.com/s/pbxii35yfxie8jb35ad9vg55dq0qlcwv

3.費用: 3,000円(税・図書・資料代込み)
※当日会場にてお支払い下さい.領収書を発行します.

4.内容: 下記の通りです(教科書・資料は当日配布致します)
18:30-19:15論文の書き方講師:千葉工業大学 田隈広紀
19:15-20:00 P2Mの基礎知識 講師:中央大学   山本秀男
 20:00-20:45P2Mの適用事例講師:東京農工大学 亀山秀雄

5.申込み方法: Webフォーム( https://goo.gl/nWMraE )より
3月5日(火)正午までにお申し込みください。 【申込み期限を延長しました】

6.問い合わせ先:千葉工業大学 久保裕史

hiroshi.kubo@kubo-labo.com

No: 224 - Date: 2019/02/04(Mon) 18:17:15

|←NEW   ←前ページへ  [1/8]  次ページ→    OLD→|
管理者編集:   削除 新規投稿

Copyright International Association of Project and Program Management Allright reserved.